TDS 「ハピネスグリーティング・オン・ザ・シー」。ザンビーニ・ブラザーズ・リストランテの2Fベランダ席から。
EOS-1DX + EF100-400mm F4.5-5.6L IS USM Mモード ISO320 F5.6 SS1/2000 360mm 2013.07.13撮影。
2015年対応、東京ディズニーシーの混雑予想カレンダーと各種攻略[姉妹→東京ディズニーランド混雑予想カレンダー

TDS アクアスフィアに架かる虹(2014年9月撮影)写真画像とカメラ設定

TOP  >  パーク写真  >  アクアスフィアに架かる虹

公開:2014年10月14日(火)

東京ディズニーシー アクアスフィアに架かる虹(2014年9月20日撮影)画像とカメラ設定

東京ディズニーシーの夜のハーバーショー「アクアスフィアに架かる虹」のPhotoを公開。

たまたま通りかかった東京ディズニーシーのエントランスにあるアクアスフィアに、大きな虹が架かっていたのでバッグにしまい込んでいたカメラを急いで引っ張り出して撮影した一枚です。 これは後からHDR加工をしています。パークで虹を見ることはたまにあるのですが、こんなに大きな虹が架かっているのを見たのは初めてで、たまたま広角レンズを持っていたのでこのような撮影が出来てラッキーでしたね。

話は変わりますが、後からHDR加工しているといっても、通常は3枚以上の写真を合成するのが一般的なHDR加工のほうほうですが、これはSnapseedアプリ(iPad miniやiPhone用、Android用もあります)を使って一枚の写真をゴリゴリ加工したものです。 なかなかHDRは大変なのですが、このアプリを使えば、簡単で面白い写真で出来上がりますので、皆さんも一度は挑戦してみるといいとおもいますよ。

撮影機材

・カメラ:Canon EOS-1DX (重さ1340g/2012年6月発売)
・レンズ:Canon EF16-35mm F2.8L II USM (重さ640g/2007年3月発売)
・コンパクトフラッシュ:Transcend TS32GCF400×2枚 (容量32GB/400倍/2009年11月発売)

カメラ設定/画像処理

ファームウェア:Ver2.0.3(EOS-1DX)
露出モード:M(マニュアル)
ISO感度:ISO100
絞り:F4.0(開放)
シャッター速度:SS1/30(秒)
焦点距離:-mm(35mm換算)
測光方式:中央部重点平均測光
露出補正:±0(Mモードは調整不可)
フォーカス:AF(オートフォーカス)
測距エリア:1点AF
AFモード:ワンショットAF
ドライブモード:ワンショット撮影
ファイル形式:JPEG Lサイズ 精細
手ぶれ補正:ISオン
レタッチソフト:Snapseed(iPad mini)
画像補正:レタッチ済み(角度補正、トリミング等)

撮影日と場所

2014年9月撮影

東京ディズニーシー
エントランス

パーク混雑具合: 混雑

簡易評価と反省

フォーカス:ジャスピン
手ぶれ:なし
被写体ブレ:なし
露出:普通
ノイズ感:ほぼゼロ

「ピクチャースタイル」解説

シャープネス
+:エッジが強調され、くっきりになる。
-:エッジがぼけて、やわらかくなる。

コントラスト
+:明暗差が大きくメリハリができる。
-:明暗差が小さく眠く。

色の濃さ(彩度)
+:カラフルになる。
-:落ち着いた写真になる。

色合い(色相)
+:肌の黄みが増す。
-:肌の赤みが増す。

「測光方式」解説

◆評価測光
画面全体を分割しシーンに応じてカメラが自動で露出を補正。
比較的思い通りの明るさで撮れるが、逆行には弱い。

◆中央重点平均測光
画面中央に重点を置き測光する。
昔は一般的な方式だった。逆光に弱い。

◆スポット測光
画面の中央部を測光する。
一点をで測光したいときに利用。

シェアしてくれると本気で喜びます!