TDS 「ハピネスグリーティング・オン・ザ・シー」。ザンビーニ・ブラザーズ・リストランテの2Fベランダ席から。
EOS-1DX + EF100-400mm F4.5-5.6L IS USM Mモード ISO320 F5.6 SS1/2000 360mm 2013.07.13撮影。
2015年対応、東京ディズニーシーの混雑予想カレンダーと各種攻略[姉妹→東京ディズニーランド混雑予想カレンダー

TDS 裏フォリーズ ミキミニ(2014年9月撮影)写真画像とカメラ設定

TOP  >  パーク写真  >  裏フォリーズ ミキミニ

公開:2014年10月20日(月)

東京ディズニーシー 裏フォリーズ ミキミニ(2014年9月21日撮影)画像とカメラ設定

東京ディズニーシーのAWFで行われている「ニューヨーク・ハロウィーン・フォリーズ」からショー入場中のミッキー&ミニーのPhotoを公開。

フォリーズのショーへの入り待ちってやつです。このショーは珍しく、ミッキーとミニーがBTMとデリの間からAWFのステージまで徒歩で登場します。まるでプロレスの入場シーンの様にw そんななかステージ近くまで行くと、出番を待つ少しの間にいろいろなことをしてくれるキャラクター達がいて、見るのが楽しいです。 このときは、ミニーちゃんがミッキーに、駄目駄目ーって指を突き出して振ってました。何の駄目出しだったのでしょうか?

話は変わりますが、2014ハロウィーンのショーであるこの「フォリーズ」とリドアイルの「スケルトンフレンズ」は今年一回で終わってしまうショーです。 ショーが始まってから途中でこの情報が公式発表されました。なかなか一年限りで終わってしまうショーって無いので、びっくりしました。 あと10日ほどで終わりますので、まだ見てない方はお急ぎください。

撮影機材

・カメラ:Canon EOS-1DX (重さ1340g/2012年6月発売)
・レンズ:Canon EF70-200mm F2.8L IS II USM (重さ1490g/2010年3月発売)
・テレコン:Canon EF1.4X III (重さ225g/2010年12月発売)
・コンパクトフラッシュ:Transcend TS32GCF400×2枚 (容量32GB/400倍/2009年11月発売)

カメラ設定/画像処理

ファームウェア:Ver2.0.3(EOS-1DX)
露出モード:M(マニュアル)
ISO感度:オート(ISO400)
絞り:F4.5(開放)
シャッター速度:SS1/400(秒)
焦点距離:-mm(35mm換算)
ホワイトバランス:マニュアル(5500K)
ピクチャースタイル:シャープネス=7 コントラスト=1 色の濃さ(彩度)=3 色合い(色相)=0
測光方式:中央部重点平均測光
露出補正:±0(Mモードは調整不可)
フォーカス:AF(オートフォーカス)
測距エリア:領域拡大AF(上下左右)
AFモード:AIサーボAF(親指オートフォーカス)
ドライブモード:高速連続撮影
ファイル形式:JPEG Lサイズ 精細
手ぶれ補正:ISオン
レタッチソフト:Snapseed(iPad mini)/Photoshop CC(WINDOWS PC)
画像補正:レタッチ済み(角度補正、トリミング等)

AFカスタム設定

●CASE1:汎用性の高い基本的な設定
○Case2:障害物が入るときや、被写体がAFフレームから外れやすいとき
○Case3:急に現れた被写体に素早くピントを合わせたいとき
○Case4:被写体が急加速/急減速するとき
○Case5:被写体の上下左右の動きが大きいとき(1点AF時無効)
○Case6:被写体の速度変化と上下左右の動きが大きいとき(1点AF時無効)
被写体追従特性(0)デフォルト
速度変化に対する追従性(0)デフォルト
測距点乗り移り特性(0)デフォルト

撮影日と場所

2014年9月撮影

東京ディズニーシー
BMT前

パーク混雑具合: 大混雑
混雑
普通
空き
ガラガラ

簡易評価と反省

フォーカス:ジャスピン
フォーカス:前ピン
フォーカス:後ピン
手ぶれ:なし
手ぶれ:あり
被写体ブレ:なし
被写体ブレ:あり
露出:普通
露出:ハイキー
露出:ローキー
ノイズ感:ほぼゼロ
ノイズ感:少なめ
ノイズ感:多目

「ピクチャースタイル」解説

シャープネス
+:エッジが強調され、くっきりになる。
-:エッジがぼけて、やわらかくなる。

コントラスト
+:明暗差が大きくメリハリができる。
-:明暗差が小さく眠く。

色の濃さ(彩度)
+:カラフルになる。
-:落ち着いた写真になる。

色合い(色相)
+:肌の黄みが増す。
-:肌の赤みが増す。

「測光方式」解説

◆評価測光
画面全体を分割しシーンに応じてカメラが自動で露出を補正。
比較的思い通りの明るさで撮れるが、逆行には弱い。

◆中央重点平均測光
画面中央に重点を置き測光する。
昔は一般的な方式だった。逆光に弱い。

◆スポット測光
画面の中央部を測光する。
一点をで測光したいときに利用。

シェアしてくれると本気で喜びます!